離婚をすると決めたら、夫婦でありとあらゆる事を取り決めなければなりません。お金のことや子供のこと、相続のことなどを1つひとつ細かく決めていきます。その取り決めることの中に、戸籍と姓をどうするかという問題がありますよね。夫婦が離婚(協?離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚があり、場合によっては、裁判費用や?謝料が必要となることもあるでしょう)すると、夫の姓を名乗っていた妻は夫の戸籍から抜けることになるので、結婚前の姓に戻り、ご自身の親の戸籍に戻るか、新しく自分で戸籍を作るかのどちらかを選ぶ事となります。離婚後も夫の姓を名乗りたいという場合は、婚姻届が受理された日から3ヶ月以内に、「離婚(離婚の理由として圧倒的に多いのは、性格の不一致なんだとか)の際に称していた氏を称する届」を出し、受理されれば、名乗ることができます。この場合は、新しく戸籍を作る必要があります。しかし、この届けを出した後、やっぱり旧姓に変更したいとなると、家庭裁判所の許可が必要になるため、よく考えて決める必要があります。そして、子供がいる場合ですが、離婚してママ(子供にとってはいいやすい呼び方ではありますが、いつまでもパパとママではおかしいので、幼い頃からお父さん・お母さんと呼ねせるご家庭もあるそうです)が親権者となっても、子供の戸籍や姓は離婚前の戸籍や姓のままで変わりません。もし、子供(電車などで泣き喚かれるといらいらすることも多いかもしれません)を自分と一緒の戸籍にしたい場合は、新たに戸籍を作り、家庭裁判所に子の氏変更許可申立をします。この手続きは基本的には子供の法定代理人が行いますが、子供が15歳以上であれば、子供の判断で手続きを行うことができます。裁判所の許可がおりたら、役所で入籍届の手続きを行うんです。また、注意点として、自分も子供も一緒に親の戸籍に戻りたいと思う人もいるかもしれません。でも、1つの戸籍には親とその子供しか入ることが出来ないため、子どもとともに親の戸籍に戻るということはできないのですー